宮城県仙台市、利府町近郊の地震対策による屋根リフォーム、外壁、太陽光発電のことなら、実績と信頼の屋根のクマガイにお任せ下さい。

あなたの住まいの地震対策相談室 屋根のクマガイ フリーダイヤル 0120-857-901までお気軽にお問い合わせ下さい。

会社概要 お問い合わせ プライバシーポリシー サイトマップ ホーム

雨漏り検査
トップページ>雨漏りの検査方法
トップページ

トップページ

宮城県仙台市,利府町でお考えなら屋根のクマガイ シニア層から指示される理由

4つの確かな技術力

3つの秘訣とは

クマガイの技

施工の様子

施工実績のご紹介

施工例の詳細

お客様の声

屋根のクマガイからの
お約束

お値打ちリフォーム対策

屋根のクマガイだからできる安さの理由

体験談

屋根改修依頼の
重要ポイント

雨漏り検査

原因と対策方法

雨漏りの検査方法

屋根の定期点検

メンテナンス費用

屋根の地震対策

宮城県の地震の歴史

木造住宅の屋根と
地震の関係

地震に強い屋根とは?

軽い金属屋根のご案内

人気屋根材の選択方法

会社概要のご案内

会社概要のご案内

板金職人のご紹介

コンタクト

お見積もり・
お問い合わせフォーム

施工見学会
お客様の声
お問い合わせ
株式会社熊谷板金製作所
宮城県知事許可
(般-13第11426号) 
〒981-0122 宮城県宮城郡利府町菅谷字赤坂36-1
TEL 022-356-8059
info@yane-kumagai.com
屋根のクマガイの雨漏り検査

再発防止のために心がけている事とは?

雨漏り修理のお問い合わせ内容で一番多いのが、『何回も雨漏り直してもらっているけど、
なぜかまた漏ってくる』という件です。修理前は必ず直ると言っていたから信用してお願いしたものの、同じ業者に電話してみると、『今度は別な箇所からかもしれない』と言うようになるのです。
施主様はまた費用がかかるかもしれないと不安に感じてくるものです。

屋根のクマガイが修理前にお伝えしている事は、
           『100%、雨漏りが再発しないとは限らない』
という事です。原因となっている箇所を突き止めて万全に施工をするわけですが、築年数が古い建物、長期間雨漏りのままである建物などは特定した箇所以外からの侵入も考えられるからです。

屋根に大きな穴が開いていたり、施工上のミスにより雨漏りがするケースもありますが、雨水の動きを読むのは板金工事を専門としている私たちでも難しい修理の一つに入ります。
施主様にこれまでの職人さんが苦労して発見した雨漏りの事例を紹介しながら、修理後に、
       『工事後、大雨などが3回ほど降るまで様子を見て』
というようにお伝えしております。それは、特定した箇所を工事したら必ず100%直ると施主様は考えてしまうのが普通だからです。
『完全に直りました』と言い切れるまで、施主様のご自宅に何度も足を運び、家族に安心した暮しをして頂けるように面倒を見る覚悟で修理に全力であたりたいと考えています。

このページでは実際に雨漏りしたご自宅を例に掲げ、どのような箇所を調査箇所として設定をしたかを明記してあります。調査箇所4点のうちこの事例ではどこが原因で雨漏りしたのでしょうか?
現状

● 構 造

木造2階建て

● 屋根形状

切妻屋根

● 屋根勾配

2寸勾配

● 築年数

築40年

● 屋根材

長尺瓦棒屋根 0.35mmガルバリウム鋼板

● 調査箇所

庇屋根立上り部分  白壁水切立上り部分  2階屋根取合い部分

 

1階東側室内天井  

これまで雨漏りが一度もした事がなかったのに、先日の大雨で1階の東側の部屋に突然すごい勢いで雨漏りしたようです。出窓付近の柱につたわって流れてきたので、バケツを置いて対処しましたが、すぐいっぱいになって大変だったようです。天井にも雨漏りの形跡が見られました。

 

画像をクリックで、拡大画像がご覧いただけます。

調査箇所設定

雨漏り原因と思われる箇所を4箇所に絞りました。

雨漏り原因と思われる箇所を4箇所に絞りました   雨漏り原因と思われる箇所を4箇所に絞りました
画像をクリックで、拡大画像がご覧いただけます。   画像をクリックで、拡大画像がご覧いただけます。
調査箇所1
1階東側室内天井   庇屋根立上り部分
築年数が経過している建物では庇屋根の壁際立上りの高さが十分に取られていない事が多い。



漏水なし

 

画像をクリックで、拡大画像がご覧いただけます。
調査箇所2
1階東側室内天井  

白壁水切立上り部分
白壁とサイデングの境目に使われる水切の立上りの高さが低いのが殆どのようです。
水切りの勾配も逆勾配になっている事もあります。


漏水の確認!
水切りの納まり詳細はこちら

画像をクリックで、拡大画像がご覧いただけます。
調査箇所3
2階屋根取合い部分
2階屋根との取合いに使われる雨押えという水切があります。立上りの高さが低い場合や、
重ね幅が十分に取られていない事があります。
2階屋根取合い部分  

2階屋根取合い部分

画像をクリックで、拡大画像がご覧いただけます。

漏水なし
 

画像をクリックで、拡大画像がご覧いただけます。
 立上げ角部分の詳細はこちら

調査箇所4
長尺瓦棒屋根の立上り部分   長尺瓦棒屋根の立上り部分
2階屋根との取合い部分は屋根材本体にハサミを入れる事なく一枚物で立上げ、立上げ幅も十分に取る必要があります。


漏水なし
水上方向の詳細はこちら

画像をクリックで、拡大画像がご覧いただけます。

調査箇所2 〜漏水の確認〜雨漏りの改修方法は・・・?

サイデング上部と白壁の下部にある水切の加工方法が良くないために雨水が壁内に浸入しているようです。水切は少々勾配を取り加工しなければなりません。
改修方法としては、水切りの立上り部分をシリコンで埋めてしまう方法、または、
現状の水切りと白壁全体を隠すようにサイデング等を現状の上に貼る方法が考えられます。
改修提案の詳細はこちら
Aプラン
シーリングの納め   シーリングの納め
シーリングはサッシと外壁の取合い箇所『隙間』部分を埋め、防水を図るための作業です。
寿命があまり長くはないので、あくまで応急的な処置にしかなりません。年数が経過すると劣化、硬化してきて防水性能が失われてきますので、完全な雨漏り改修方法とは言い難い作業です。
画像をクリックで、拡大画像がご覧いただけます。
Bプラン
施工前  

金属サイディングで囲う方法

施工前  

金属サイディングで加工方法

画像をクリックで、拡大画像がご覧いただけます。  

画像をクリックで、拡大画像がご覧いただけます。
屋根材方向の詳細はこちら

雨漏り事例のご紹介

施工不良による雨漏り箇所
雨漏り原因箇所

ページトップへ戻る

見積もり(無料)・相談・お問い合わせはお気軽に フリーダイヤル 0120-857-901

当社施工地域/仙台市青葉区 泉区 太白区 宮城野区 若林区 塩釜市 多賀城市 名取市 岩沼市 大崎市 登米市 東松島市 利府町 七ヶ浜町 松島町 大郷町 大衡村 大和町 富谷町
Copyright © 2005 YANE NO KUMAGAI All rights reserved.

 
施工不良による雨漏り箇所一覧はこちら 雨漏り原因箇所一覧はこちら