宮城県仙台市、利府町近郊の地震対策による屋根リフォーム、外壁、太陽光発電のことなら、実績と信頼の屋根のクマガイにお任せ下さい。

あなたの住まいの地震対策相談室 屋根のクマガイ フリーダイヤル 0120-857-901までお気軽にお問い合わせ下さい。

会社概要 お問い合わせ プライバシーポリシー サイトマップ ホーム

屋根の定期点検
トップページ>屋根の定期点検 平板スレート系屋根材(コロニアル)
トップページ

トップページ

宮城県仙台市,利府町でお考えなら屋根のクマガイ シニア層から指示される理由

4つの確かな技術力

3つの秘訣とは

クマガイの技

施工の様子

施工実績のご紹介

施工例の詳細

お客様の声

屋根のクマガイからの
お約束

お値打ちリフォーム対策

屋根のクマガイだからできる安さの理由

体験談

屋根改修依頼の
重要ポイント

雨漏り検査

原因と対策方法

雨漏りの検査方法

屋根の定期点検

メンテナンス費用

宮城県仙台市,利府町でお考えなら屋根のクマガイ 屋根の地震対策

宮城県の地震の歴史

木造住宅の屋根と
地震の関係

地震に強い屋根とは?

軽い金属屋根のご案内

人気屋根材の選択方法

会社概要のご案内

会社概要のご案内

板金職人のご紹介

コンタクト

お見積もり・
お問い合わせフォーム

塗り替えとカバー工法はどっちがお得?
施工見学会
お客様の声
お問い合わせ
株式会社熊谷板金製作所
宮城県知事許可
(般-13第11426号) 
〒981-0122 宮城県宮城郡利府町菅谷字赤坂36-1
TEL 022-356-8059
info@yane-kumagai.com
平板スレート系屋根材(コロニアル)

平板スレート系屋根材(コロニアル)

●色褪せ
色褪せ   色褪せ   色褪せ


原因

新築時から7〜8年経過すると表面の化粧層の劣化が始まる。
セメント、石綿シリカ、パルプ等を成分としている材質から、空気中の汚れが附着しやすい。13年以上経過すると屋根材の防水膜が薄くなり水切れが悪くなる。


問題点

まだら模様の屋根材になり美観を損なう。
防水性の低下により、雨水が屋根材の裏側へ廻りやすくなる。
●カビ、苔
カビ、苔   カビ、苔   カビ、苔  


原因

北側に面した屋根や勾配の緩い屋根形状では、屋根材の重なり部分に雨水が溜まりやすくゴミや埃によってもカビや苔の温床を招きます。


問題点

屋根の目地を苔によって埋めてしまうと毛細管現象で雨水を引き込む危険性がある。再塗装をすると塗装が剥離しやすく、塗膜により屋根材が反り返り一枚一枚の隙間が広くなったりする。防水性が低下した屋根材は浮きを生じさせる。
●ひび割れ
ひび割れ   色褪せ   色褪せ


原因

一枚一枚の屋根材が約5mmほどの厚さのため、屋根材を切断して施工した箇所などで踏み所が悪かったりすると割れる危険性がある。
所定の箇所に打つ釘の本数が足りないなどの施工上の不備。


問題点

ひび割れ部分からの雨漏り。
突風などによる飛散。
下地まで雨水が浸入すると、屋根の波打ちの現象が現れる。
●軒先の腐れ
軒先の腐れ   軒先の腐れ   軒先の腐れ


原因

金属屋根に比べると軒先の水はけが良くない。
特に、北側の日当たりが悪い箇所では冬時期に雪が溜まりやすく、溶けないために固まってしまい氷の状態となってしまいます。


問題点
軒先水切、軒先下地板、構造用合板、破風板、軒天などを腐らせてしまう。
年数が経過すると屋根材一枚の反り返りが大きくなる。


解決策

コロニアル屋根材の腐っている箇所から本体を少しずつ撤去して、重なり部分の釘を引き抜きます。新規の本体の重なり部分にシリコンを充填。

軒先の腐れ   軒先の腐れ   軒先の腐れ
 

新規の屋根材を現在のコロニアルの働き幅に合うようにカットしてから、軒先から少しづつ2段目の隙間に差し込みます。
立のジョイント部分には、捨板を差込んで雨水の浸入を防ぎます。

軒先の腐れ   軒先の腐れ  
人間の体と同じように屋根も早期発見、早期治療をお勧めします。
新築時の綺麗な屋根でもいずれ必ずお手入れの時期がやってまいります。
最小限度の工事で済ませるためにも、一度ご自宅の屋根を診断してみるとよいでしょう。
自分の判断だけではどうしても心配な方はお気軽にご相談下さい。
当社は屋根板金専門施工店ですので、日々の現場での施工経験をもとに一番ベストなご提案が出来ます。
 

火災保険の自然災害補償

大雪、強風や突風などで屋根や雨樋に被害が生じた時には、火災保険の自然災害補償が 受けられます。テレビの映りが悪いので屋根に上がってみたらトタン屋根がめくれていた 、天井が雨水でにじんできた、車庫の屋根に落雪があって壊れた、といったような症状が ある場合です。

屋根の経年劣化による雨漏りなどは対象になりません。
自然災害があってもまさか屋根まで被害が及んでいるとは思っていないのが現状です。
昨日なのか今年なのか、10年前に起きた暴風雨によって屋根に被害が起きたか分からない まま生活をしていますので、常に、台風や大雪のあとは屋根の点検をしたいものです。
保険会社では日常で発生する自然災害において、被害の有無を確認するような事はしません。したがって、大切なマイホームを守るためにある火災保険を無駄にしないように、知識をつけて建物の被害がないか点検する習慣づけをしておきましょう。

保険金は被害を受けてから3年以内に申請しなければ時効になってしまいます。
自然災害の後は雨漏りなどしていなくても、1級技能士の資格を持った屋根板金業者に調査してもらう事をお勧めいたします。

 
 
平板スレート屋根材 施工例を見る
▲施工例を見る(18件)

ページトップへ戻る

見積もり(無料)・相談・お問い合わせはお気軽に フリーダイヤル 0120-857-901

当社施工地域/仙台市青葉区 泉区 太白区 宮城野区 若林区 塩釜市 多賀城市 名取市 岩沼市 大崎市 登米市 東松島市 利府町 七ヶ浜町 松島町 大郷町 大衡村 大和町 富谷町
Copyright © 2005 YANE NO KUMAGAI All rights reserved.