宮城県仙台市、利府町近郊の地震対策による屋根リフォーム、外壁、太陽光発電のことなら、実績と信頼の屋根のクマガイにお任せ下さい。

あなたの住まいの地震対策相談室 屋根のクマガイ フリーダイヤル 0120-857-901までお気軽にお問い合わせ下さい。

会社概要 お問い合わせ プライバシーポリシー サイトマップ ホーム

屋根の地震対策
トップページ>屋根の地震対策 宮城県の地震の歴史
トップページ

トップページ

宮城県仙台市,利府町でお考えなら屋根のクマガイ シニア層から指示される理由

4つの確かな技術力

3つの秘訣とは

クマガイの技

施工の様子

施工実績のご紹介

お客様の声

屋根のクマガイからの
お約束

お値打ちリフォーム対策

屋根のクマガイだからできる安さの理由

体験談

屋根改修依頼の
重要ポイント

雨漏り検査

原因と対策方法

雨漏りの検査方法

屋根の定期点検
宮城県仙台市,利府町でお考えなら屋根のクマガイ 屋根の地震対策

宮城県の地震の歴史

木造住宅の屋根と
地震の関係

地震に強い屋根とは?

軽い金属屋根のご案内

人気屋根材の選択方法

会社概要のご案内

会社概要のご案内

板金職人のご紹介

コンタクト

お見積もり・
お問い合わせフォーム

施工見学会
お客様の声
お問い合わせ
株式会社熊谷板金製作所
宮城県知事許可
(般-13第11426号) 
〒981-0122 宮城県宮城郡利府町菅谷字赤坂36-1
TEL 022-356-8059
info@yane-kumagai.com
宮城県の地震の歴史 屋根の地震対策 テーマ1

強い揺れがやはり来た!マグニチュード7.2の地震


宮城県沖では約40年間隔で地震が発生! 平成17年8月16日午前11時46分。
あのグラットした瞬間の恐怖心。
宮城県沖では約40年間隔で地震が発生!


画像をクリックで、拡大画像がご覧いただけます。
 

30年以内には必ず発生する地震

お盆休みもそろそろ終わりに迫った平成17年8月16日の正午前、全身の体が揺らいだ。
「アッ!地震だ!」仙台駅構内を歩く人たちの悲鳴の声が至る所から聞こえてきました。
これは、震度5以上あるぞ? 宮城県沖地震なの?誰しも家族に怪我がないか確認している光景を目の辺りにして、一昨年の新潟中越地震や今年の福岡県西方沖地震を思い出した事だろう。今年は大災害を引き起こした1978年の宮城県沖地震から27年目を経過し、1月には国の地震調査委員会によって今後の宮城県沖地震の発生確率が発表されていた頃でした。

発生確率 10年以内で50% 20年以内で90% 30年以内で99%

宮城県沖地震とは…

発生日時

1978年6月12日 午後17時14分

震 源 地

牡鹿半島付近のプレート(岩板)境界で起こるマグニチュード7.5前後の
地震

強  度

仙台市を震度5(マグニチュード7.4)の地震が襲う

被  害

死者16人 重軽傷者10,119人 住屋の全半壊4,385戸 
部分壊86,010戸の多大な被害

 

わが日本は地震大国と言われております。国土面積は世界の400分の1に過ぎないのに、世界で発生する地震の4分の1はわが国で発生しています。震度6弱以上の強い地震を1日3回記録した平成15年7月26日の宮城県北部連続地震は、気象庁のデータによると、観測史上初の大地震でありました。恐れられている地震、いつわが身が犠牲になるかもしれないために、事前の備えとして何が必要とされているかを真剣に検討する時期が来ております。

ページトップへ戻る

宮城県沖 警戒必要!!

宮城県沖を震源に発生した8.16地震。今回の地震は地震の規模を示すマグニチュードが7.2であったため、想定していた宮城県沖地震ではないとの見解であります。理由としは、1978年の宮城県沖地震の震源地に近い所で発生しましたが、規模、津波ともに小さかったという事です。つまり、マグニチュード7.5前後と想定している宮城県沖地震は明日にでも襲ってくるかもしれないという危機感をもつ必要があります。10年以内に巨大地震が起こるかもしれないと約80%の方が思っているという統計がありますが、地震の時に自分が被災すると思っている方は40%にまで減少してしまうようです。それだけ、被災のイメージが足りなくなってきてます。

ページトップへ戻る

宮城県沖では約40年おきにマグニチュード7クラスの地震が発生

地震発生年

地震規模

発生間隔 主な被害

2005年8月16日

M7.2 27 -

1978年6月12日

M7.4 42 死者28人 全壊家屋1300棟

1936年11月3日

M7.4 39 けが人4人 全壊家屋3棟 道路破損35ヶ所 女川に津波90cm

1897年2月20日

M7.4 36 家屋損壊数数十棟 仙台城石垣破損 金華山燈台のガラス大破

1861年10月21日

M7.4程度 26 史科「家つぶれ 地さける被害多し」「仙台地方 大いに震す」

1835年7月20日

M7.3程度 42 -
1793年2月17日 M8.2程度 - 死者12人 家屋損壊1060棟 気仙沼に津波来襲

ページトップへ戻る

過去に大きな被害をもたらし、地震に対する備えの重要性を教えてくれた地震

平成7年1月17日

阪神大震災 マグニチュード7.3 兵庫県、最大震度7 死者6.436人

平成12年10月6日

鳥取県西部地震 マグニチュード7.3 鳥取県、最大震度6強

平成13年3月24日

芸予地震 マグニチュード6.7 広島県、最大震度6弱 死者2人

平成15年5月26日

宮城県沖地震 マグニチュード7.1 岩手、宮城、最大震度6弱

平成15年7月26日

宮城県北部連続地震 マグニチュード6.4 宮城県、最大震度6強

平成15年9月26日

十勝沖地震 マグニチュード8.0 北海道、最大震度6弱 死者1人

平成16年9月5日

紀伊半島南東沖地震 マグニチュード7.4 奈良、和歌山、三重、
最大震度5弱

平成16年10月23日

新潟中越地震 マグニチュード6.8 新潟県、最大震度7 死者46人

平成17年3月20日

福岡県西方沖地震 マグニチュード7.0 福岡、佐賀、最大震度6弱 
死者1人

平成17年8月16日

宮城県沖で地震 マグニチュード7.2 宮城県、最大震度6弱

ページトップへ戻る

日本付近で発生した主な地震

 

日本付近で発生した主な地震

地球上で起きる地震の一割が日本周辺で発生しているうえ、ここ30年間で発生しているマグニチュード4以上の震源地を日本地図上に表示しますと、すっぽり日本列島を覆ってしまうほどです。地震による被害は甚大なもので、過去の大地震の例からも分かります。日常生活の暮しを、大切な家族を脅かしかねない地震は、日本に住んでいるかぎりいつまた来るとも知れません。現在お住まいになっているところに地震が比較的少ないから大丈夫だろうという考えを見直しして、住まいを、命を守るために、地震に対する備えが必要とされている住まいの屋根についてヤネのクマガイでは研究してみます。



画像をクリックで、拡大画像がご覧いただけます。

 

ページトップへ戻る

見積もり(無料)・相談・お問い合わせはお気軽に フリーダイヤル 0120-857-901

当社施工地域/仙台市青葉区 泉区 太白区 宮城野区 若林区 塩釜市 多賀城市 名取市 岩沼市 大崎市 登米市 東松島市 利府町 七ヶ浜町 松島町 大郷町 大衡村 大和町 富谷町
Copyright © 2005 YANE NO KUMAGAI All rights reserved.